バブルの崩壊で市場金利が低下した際に、生命保険会社の逆鞘問題がクローズアップされ、予定利率の引き下げを実施することが議論されました

バブル期の有利な契約に関して、予定利率が引き下げられることによって、保険料が値上がりしたり、保障が削減されたりすることを心配しましたが、最終的には予定利率の引き下げはありませんでした。しかし、一部の生命保険会社は逆鞘問題も影響して経営破綻してしまいました。自分が契約している生命保険会社の経営破綻を回避するためであれば、終身保険の予定利率引き下げもやむを得ないと考える人が多かった時代です。幸いなことに大手の生命保険会社の契約であって、その会社には体力がありましたので、破綻することもなく、約束の予定利率が適用されています。予定利率の引き下げは契約条件の変更であって、保険会社にとっては、自社の経営状況が悪化していると契約者に知らしめるようなものでしたので、どの保険会社もその実施には慎重になっていました。銀行や証券会社の経営破綻も相次いだ時期でしたので、金融に対する信頼が揺らいでいました。その時代を生き抜いた生命保険会社に対しては今では安心感が高まってきました。

三ノ宮駅付近で英会話教室を探しています

パーティードレスが欲しいのですが・・・ショッピングサイトありませんか?

マンションをリフォームする際の相場はいくら?

ゴルフ会員権とはどういうもの?

ヒトラー 衣装